100年以上の実績

100年以上の研究開発

シェーファー社は1919年にヨーゼフ・シェーファーにより設立された家族経営の会社です。現在はシェーファー家の第四世代によって所有されています。設立以来、鋳造業界向けの製品を製造しています。

戦後、会社は拡大しました。ヨーゼフ・シェーファーの息子であるグエンサー・シェーファーは、ヨーロッパ中の販売ネットワークを拡大し、非鉄金属処理用の製品と精密機械産業用の洗浄剤に特化しました。

1991年、彼の娘であるウルリケ・ハイデマンは技術管理責任者としてヴォルフガング・フォーゲル博士と一緒に会社のリーダーになりました。博士は製品のさらなる開発、コンサルティング、流通を担当しています。

それ以来、シェーファー社は世界中に流通ネットワークを拡大しました。その上で、新しい仕上げプロセスと新しい冶金製品が開発され、フォーゲル博士の支援の下で特許を取得しました。

2011年からトーマス・クラッグ博士はフォーゲル博士と共同で経営陣を強化し、研究開発とコンサルティングの分野で非常に活躍しています。

フォーゲル博士は2013年9月に経営からは退きましたが、同社のシニアコンサルタントとして貢献しています。

シェーファー社は、鋳造セクター/産業の国際研究プロジェクトに参加し、ISO証明書を取得することで、革新と品質のリーダーであり続けるという会社の方針を重要視しています。さらに、その強みは、特にカスタマーケアとカスタマーサービスにあります。